市販飲料と桜島活泉水の値段を比べてみた

私は桜島活泉水の定期購入前、市販飲料を買うことをやめられませんでした。
毎朝の出勤時に飲むヨーグルトを買って、職場や外勤先ではジュースやコーヒー。

ペットボトル症候群=急性糖尿病

という言葉があるほど、本当は危険なペットボトル飲料。
500mlで50mgもの糖分が含まれると言われています。
缶コーヒーやジュースにも、甘味料、香料、乳化剤、酸化防止剤など多くの添加物が入っています。

このままではお財布にも体にも良くない!

添加物飲料をやめるためにも桜島活泉水の定期購入を決めた経緯があるので、
ご参考までに市販飲料との価格を比較してみました。

市販飲料の価格

【価格】150円/本×2本/日×20日=6,000円/月
【量】 1ℓ/日×20日=20ℓ/月

勤務日数20日である私の経験上での積算です。
量はペットボトルや缶、パック買いのジュース等を考慮しています。

桜島活泉水の価格(定期購入)

内容 定期 送料2箱毎 合計
500mL×21本×2箱 7,456 九州 870
関東・信越 1,110
東北 1,240
北海道 1,530
沖縄 1,600
中部・北陸 970
関西・中四国 930
8,566
2L×5本×2箱 4,666 5,776
11L×2箱 3,382 4,492

※送料は関東で算出

どっちがお得?価格比較

タイプ 価格 1L
市販飲料 20L 6,000 300
桜島活泉水(500mL) 21L 8,566 408
桜島活泉水(2L) 20L 5,776 289
桜島活泉水(11L) 22L 4,492 204

お水の定期購入は高くない!

お水の定期購入なんて高いな~と思うかもしれません。
でも実際に比較してみると、ついつい買いより安いことが分かります

御覧のように、1Lあたりで比較するとわかりやすいですね。

桜島活泉水は、2Lや11Lは市販飲料より安いです。

また、500mLボトルは市販飲料より高くなっていますが、実は年に二回ほど定期購入者限定の特別販売会があります。
私はこれを利用して、定期価格より更に約40%安く500mLボトルをまとめ買いしています。

40%安いと、1Lあたり245円となり、市販飲料より全然安いです!
さらに定期購入の継続年数割引もありますよ^^

何より、月6,000円もかけて体に悪い市販飲料を摂取していたものを、体に良い水に変えたことが重要!

市販飲料は全く飲まなくなりましたし、
自分で言うのもなんですが笑、とてもお得で賢い選択をしたと思っています^^
体内環境は相当良くなっていると思います。

みなさまも、ご自身の60%もの部分を構成する「水」にこだわってみませんか。
続けていくうちに、あれ?なんか体調がいいかも?と思う瞬間があると思います^^

ー公式サイトー

桜島活泉水⇒キャンペーン実施中